ヨットレースのルール

ヨットレースでは「他のヨットと接触しないこと」というのが大前提です。しかし走っているとどうしてもラインが交錯するのでルールがあるわけですね。

実際のヨットレースには非常に厳密なルールが沢山ありますが、USSでは基本的に以下の3つのルールを守るようにしています。

右風優先
左から風を受けているヨットに対して、右から風を受けているヨットが優先する。
右から風を受けている状態を「スターボード・タック」左からを「ポート・タック」と言います。
なのでよく「Starboard right」と言います。
starboardright

風下優先
同一方向から風を受けている場合は、風下にいるヨットが優先する。
風上がwindward、風下がleewardなのでよく「leeward right」と言います。
leewardright

2艇身ゾーン
ブイを回る際、ブイからヨット2つ分の円周内で2つのヨットが重なっている場合(オーバーラップといいます)、外側のヨットは内側のヨットのためのスペースを確保しなければならない。
two boat length zoneと言います。

(注:現実の世界ではヨット3つ分のゾーン、3艇身がこのルールの基本的な対象となっています。今後USSでも3艇身になるかもしれません)
twoboatlength

当たっても壊れないし痛くないので自分で意識するしかないんですが、優先権を理解して、譲らなければならない時には進路を変更しましょう。また、自分に権利がある場合は主張することも大切です。

ぶつかりそうになったときに自分に優先権がある場合は「Starboard」とか「Leeward」とか叫びます。それによって相手が気づいて進路を譲ることもあります。

毎週開催しているレースでもこのルールは守ってもらうようにしています。普段からレースに参加している人があからさまに違反した場合はレースディレクター権限でペナルティとしてその場で1回転をしてもらいます。

もちろん慣れてない人にはレース後に口頭で説明するという感じにしています。
別に怒られるようなことはありませんw
レースに参加しながら少しずつ慣れていってもらえればと思います^^

ちなみにFizz World Cupなど大きな大会では複数の審判が常に上空で監視をして厳正に対処します。

どのスポーツもそうですがルールを守る事で面白くなりますので、なるべくルールを意識してレースに参加しましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。