Trudeau Leetle Cat

lsrw1
 

Leetle Catは1920年代初頭に作られたBeetle Catをモチーフにしています。
http://www.beetlecat.org/

Trudeauの中ではシンプルで可愛い造りなのでファンも多いです(もちろん私もw)
またTrudeauで一番安く、挙動の設定も甘くなっているので入門用という位置づけでもあります。

 

特徴としてはセンターボードとリーフィングがあります。

センターボードは船底から下ろす板で、風上にむかって走る際にヨットが風に押されて横流れするのを防ぐ役割をしています。
tlc6
 

tlc5
 

tlc4
 
 
風上に向かって走っている時にはセンターボードを下し、風下に走っている時には上げます。
風上に走っているときにセンターボードが上がっていると風に押し流されてしまって進めないことがあるので注意しましょう。
 

リーフィングは帆を小さくする作業です。縮帆とも言います。
走っている時に受ける風が強すぎてヨットが傾き過ぎてしまうと速度が落ちてしまいます。そこで帆の面積を小さくして受ける風を少なくする事でヨットの傾きをおさえ、速度を保ちます。

Leetle Catは1段階リーフィングすることができます。

リーフィングしていない状態
LCR0
 

リーフィングしている状態
LCR1

Leetle Catが傾いて船体内部に水が見える辺りがリーフィングの目安です。
風が強くなって来たら、速度に注意しながらリーフィングした方が速くなるタイミングを探しましょう。
 

センターボード、リーフィングについてはPatchogueも基本的に同じ考え方となります。

 
 

WYCでTrudeau Leetle Catの販売、日本語マニュアルの配布をしています。
 
WayPoint YC
http://slurl.com/secondlife/Newport%20Bay/41/64/22

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。