WYC Trudeau One Race Result 8/31, 9/7

2012年9月12日

更新滞らせてしまいました^^;

レース結果はこちら

8/31
http://www.slsailing.net/index.php?topic=163.0

9/7
http://www.slsailing.net/index.php?topic=164.0

先週は久しぶりにMaikoさん、Bunnie、Kurt、joroが勢揃い。
1レース目はjoro以外クラッシュでしたが、2レース目はMaikoさんとBunnieが熾烈なトップ争い。
ゴールでは同タイムでしたが1秒以内の差でMaikoさんが1位。
23分、異なるラインで走って同タイムってやっぱりすごいですよね。

Maikoさん、おめでとうございます!

広告

Heave To

2012年8月20日

ひとしきりセイリングしてちょっと一休み、なときに便利なのがheave to(ヒーブツー)。
ジブを風上側に張り、メインを風下側に出し、舵を目一杯風下側に出す。
ジブとメインのバランスで艇がその場に止まるってことになっているけど実際はゆっくり風下側に移動しちゃう(はず)。

落水者救助の際にもよく使われる。

これ、食事とか休憩とかにはとても便利。

12 feetぐらいなら、ちょっと後ろにバランスが崩れるけどスターンにもたれて背中で舵を固定しておけばゆったり食事も可能。

小さい艇でも工夫して快適なセーリングにしたいね。

ちなみにT12はランニング時じゃないとジブが反対に開かないので、SSはTwentyを使ったのだった。

WYC Trudeau One Race Result 8/17

2012年8月18日

結果はこちら

今週も特に練習もしないまま飛び入り参戦しました^^;

でも少しは慣れてきているようで、リザルトを見ると2レース目の2ラップ目はどうにかなり始めている兆しが見えますw

まだまだですが、頑張ります^^;

MaikoさんとKurtが1位で最速のMaikoさんがWinners Row獲得となりました。

Maikoさん、おめでとうございます^^

Foredeck

2012年8月13日

Leetle CatもT 12もforedeckがある。
実はforedeckは結構面積をとっている。
ディンギーのforedeckは波除とかエアタンクが入っていたりとかでその上に人が乗るのはあまり想定していない(はず)。
なのでその分狭くなる。

もちろん波除やエアタンクはあったほうがいいんだけど、12、3 feetという限られた空間だとforedeckがないだけでかなり広い。

手前のはColumbiaのTender。foredeckがない。

Swallows and Amazonsのヨットもforedeckはなくて、その分小さい子供が乗ったり、荷物を積んだりしている。

なんて事をInternational 12 foot dinghyを見ながら考えたのであった。
http://boats.woodenboat.com/?p=2304

WYC Trudeau One Race Result 8/10

2012年8月12日

結果はこちら

今回、とんでもなく久しぶりにレースに参加しました。
自分でもいつ以来か解りません。。

急に決まった事もあり、1レース目ID付け忘れました^^;

普段T Oneに乗ってないので、2レースとも上りはともかく下りのスピンがてんやわんやで(笑)ぐだぐだな走りになってしまいました。

KurtやMaikoさんからも色々とアドバイスを頂いたのでもうちょっと練習いたします^^;
やっぱりレースは楽しいですね^^

レースは最速ラップのKurtがWinners Row獲得となりました。

Kurt、おめでとうございます^^

Strong breeze

2012年7月30日

風が強い。

風速計で16knotsぐらい。時々20knotsを超えてる。

T12では、16なら出ないでもないけど20はもう辛い。

16だって、正直楽しくはない。制御するので精一杯。

30fぐらいの船なら全然いけるのにな、とついつい愚痴。

一応艤装して桟橋に舫ったけど、今日は出れないかなあ。

晴れてるし、風も気持ちいいから舫ったまま乗って昼寝しちゃおうかな。

WYC Trudeau One Race Result 7/27

2012年7月28日

結果はこちら

MaikoさんとBunnieが1位でBunnieが最速ラップでした。

Bunnie、おめでとうございます^^

最近はBlake Seaに巨大な戦艦がいなくなり、快適なレースが出来ています。

穏やかな海が続きますように(祈)

Pulling up on the beach

2012年7月25日

洋上でセイルをシバーさせながら休憩するのも良いけど、砂浜があるならそこに乗り上げちゃうのもいい。
Leetle Cat のようなダガーボード艇なら簡単に引き上げられる。

波があまりなければダガーボード抜いてそのまま突っ込むもよし、

ちょっと不安なら手前で風上に立てて降りて引っ張り上げるもよし。

セイルを降ろしてまとめたら、波打ち際でハルによりかかりながらサンドイッチとコーヒー。

波の音につつまれてちょっとウトウト。

ヨットに乗っていると波の音を聞く事はあまりないので、なんか得した気分。

さて、もうちょっと帆走りますか。

WYC Trudeau One Race Result 7/20

2012年7月21日

結果はこちら

BunnieとMaikoさんがそれぞれ1位で最速ラップのMaikoさんがWinners Row獲得となりました。

Maikoさん、おめでとうございます^^

SLF Marathon Sail

2012年7月16日

日本時間の日曜日、毎年恒例SFLマラソンセイルに参加しました。
24時間連続で、1時間ずつ交代しながら島の周囲を回ります。

今年は偶然その場にいた私のヨットの師匠Janeがクルーになってくれるということで、2人でスタート。艇はT12を選択。
前の順番の人からSFL旗を受け取り回り始めました。

2人でヨットに乗るのはいつ以来かねえ、とか2007年は良い年だったねえ、などSLの話や、お互いのRLのセーリング環境の話など、久しぶりにJaneとじっくり雑談ができました。

しゃべっていると1時間はあっという間で、次の順番の人にSFL旗を渡して無事終了。
クラッシュも無く、安定したセーリングでした。

SFLを運営されていた皆さん、本当にご苦労様でした。